揉め事に発展した場所取り。そこから生まれた方法とは。

揉め事に発展した場所取り。そこから生まれた方法とは。

保育園の運動会の場所取り・・・一昨年すごく苦労しました。
保育園からは、「開園30分前に並ぶのはいいが、それより早いのは近隣にも迷惑になるのでNG」との通知が出ていました。

しかしそんなのお構いなし。
特に年長の保護者は早い人は4時から来ていたとのこと。明らかなルール違反。

しかも開園直前に来た年長の保護者を間に入れるという荒業までする始末。
さすがに他の保護者が見かねて揉め事に発展しました。

子供の成長を見たいが為に揉め事になり、なんだかギスギスした運動会でした。

そこで昨年の役員さんが考え出したのは抽選という方法です。
とにかくその揉め事を避ける為に何かやらないと、と考え抜いた結論のようです。

抽選で入場する順番を決める。
とにかく場所を確保したい人はその抽選に参加しないといけないので、確保したいみなさんは参加していました。
くじを引く方法は子供のお迎えの際に実施。

そしてくじを引いた人は名簿にチェックをして番号を記入しておく。
そして当日一人一人の順番を確認するので入場するには少し時間はかかりましたが、この方法が上手く行き昨年の運動会は揉め事もなく無事運動会も終了しました。

ちなみに今年私は役員になっています。
昨年の抽選は知らなかったという保護者さんもいたので、しっかり全員にその通知がいきわたるよう注意すること、揉め事なくスムーズに入場できるように心がけたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする